« TOEIC975点を目指せる参考書を買ったぜよ「METAL Englishメタル英語で世界進出だ!!」英語の参考書を買ったのは10年ぶりくらい。 | トップページ | 円高がこれ以上続いたら、ゾッとするぞ。日本人の労働意欲の低下は教育のせいか?メディアがアホだからか? »

20人足らずの田舎の小さな町工場ですが、1名の求人に対して先月は約100名の募集があった。ハローワーク職員が驚いていたのでそれなりに凄いのかもしれないが、理由を考えたら興味深い結論が出た。

若い人だけじゃなくて、私の身の回りの人間の労働意欲の低下を感じる。

円高+最低賃金アップ+派遣問題+自動車大手メーカー海外へ生産拠点移動=国内の働く場所がなくなる
ってことだよ。って、今日も社員教育しているわたし。

しかし、この国は、非常に危機的な状況だ。

うちの会社は20人足らずの田舎の小さな町工場ですが、1名の求人に対して先月は約100名の募集があった。
ハローワークの職員も首をかしげていた。

何故?おたくの求人に対して、これだけ応募が多いのだ?
この地域ではうちへの応募が極端に多いらしい。

ハローワーク職員が不思議がるのは
「募集時の給与(時間給)が非常に安いのに何故これだけ求職者がいるか?」という点だ。
ちなみに、募集時の金額は、「最低賃金+α程度」の給与だ。

で、わたしの長年の経験から結論が出た。
想像だが、履歴書を送ってくる人の多くは、以下のような考えに人が多いように思える。

(1)接客業なんて気を使うような仕事はイヤ
(2)当然、営業もイヤ
(3)給料の値段は安くても、なるべく気軽で単純作業の工場が良い
(4)手軽な工場がいいけど、わたしには、資格もなけりゃ、経験もない
(5)きついのはイヤ。肉体労働とか、介護とか

というわけで、うちみたいな会社に履歴書送付するわけだ。

上記の(3)から分かるように、
この手の人種は「お金で釣られない人」なのです。
どんだけお金でやる気を出させようとしても、「面倒くさいと、すぐに辞めちゃう。」

「入社してはみたものの、意外に脳みそ使わなければいけないし、やかましくいわれるので
面倒くさいから辞める」パターンが多いように思える。

規格大量生産時代はとうの昔に終焉しているのに、単純作業を求めているのだろうか。

バブル時代の規格大量生産を経験した人も、そうでない人も、
労働意欲がそうとう低下しているのは間違いない。

この国での大量生産の時代は終わっていることを認識出来ないのか?
そうだったのならば、今の現状を学校で教えてやるべきでは?

時代が激変していることに気づかない人間にしてしまった教育の間違いであり、
無意味なクイズ番組ばかりのマスメディアが悪い。

子供手当を批判する前に、大人教育をすべきだ。
大人達を教育しなっきゃ、この国はマジでやばい。

円高がこれ以上進んだときのことを考えると、心底恐ろしくなる。

これだけ教育がむちゃくちゃなので、会社としては人材育成という観点では、
思考を変えなければならないだろう。
松下幸之助さんは、「私はモノを作ってない。ヒトを作っている。」と言ったらしいが、
社員教育はこの認識で行っていくべきだろうとつくづく感じてしまった。

松下さんは「修羅場を何度乗り切ったかが、長い人生で大切なことである」ようなことを
言われているが、上記のようなヒトは「修羅場が来ると、乗り切らずに、去っていってしまう。」

ここ最近、ガックリすることが多い毎日である。

« TOEIC975点を目指せる参考書を買ったぜよ「METAL Englishメタル英語で世界進出だ!!」英語の参考書を買ったのは10年ぶりくらい。 | トップページ | 円高がこれ以上続いたら、ゾッとするぞ。日本人の労働意欲の低下は教育のせいか?メディアがアホだからか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も10名前後の町工場の2代目ですが、コメント同感です。 難しい・めんどくさいとやめてしまう若年層のスパイラルを感じています。先日も雑用でフォークリフトをやらせていた青年に「フォークで飯食います、辞めさせてください」とお門違いなやめ方されてしまいました。技術つけるのに入社したのじゃなかったのか。。。よくよく理由を聞くと「機械が怖い・・・」 ゆとり教育のひずみ・・・で済む問題なのでしょうか。

二年も前のブログにいまさらですが・・・・。

私も最初はその口で、大学から郵便局の内勤でバイトしていました。一度、経験した方ならわかるかもしれませんが、上記5個全てにかなうような仕事です。はっきり言って楽ですが、人として何か大事なものを失った気がします・・・とうとうその失った恐怖に耐えかねて辞めました。

別のバイトをすると、そこでいかに自分ができない人間か思い知らされました・・・膝をつかなかったのはちょっとした自慢です。お金を落とす人が居るから社会が回るのに、それを否定する事に抵抗を感じないんでしょうか・・・。私は無職ですが入ってすぐやめてしまう方を見るともったいないと思います。確かにブラック企業は今なお存在しますが。

面接官の人も働く人も明るい未来が見たいからシビアになるのに・・・・・。
お金も大事かもしれない。一般論だけど「憧れ」と「好き」ではダメでその企業に対して「愛情」がないと・・・・確かに企業は働く人には何も保証しないけど・・・・古いのかなこの発想は・・・俺が夢見過ぎなのか?

三年も前のブログにいまさらですが・・・・。

規格大量生産の時代が終わったから、全労働者の中で相対的に労働意欲が低い層だけが町工場を目指すようになったという可能性はないかという点は気になります。

あと、他の最低賃金付近の企業と比較して求職者が多く殺到するというのは、もしかすると町工場の適正賃金は最低賃金よりも低いのではという気もします。
労働力の価格も本来需給で決まる、規格大量生産の時代が終わり町工場からの需要は少いが、一方で楽にできる(ように求職者には見える)仕事に労働力を供給したい労働者は多い、すると労働力の価格はより低い水準で安定する。
しかしながら最低賃金という制約があるため需給が折り合う価格までは賃金は下がらず、結果として本来の水準と比べて割高な価格で労働力を購入してくれる町工場に求職者が集まってくる、という状態になってるのではと思います。

ちなみにこちらのページには業務中に職場のPCから「労働意欲の低下」という単語でググッて辿り着いたというのは内緒の話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TOEIC975点を目指せる参考書を買ったぜよ「METAL Englishメタル英語で世界進出だ!!」英語の参考書を買ったのは10年ぶりくらい。 | トップページ | 円高がこれ以上続いたら、ゾッとするぞ。日本人の労働意欲の低下は教育のせいか?メディアがアホだからか? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ